社員紹介 – 【公式】アサヒサンクリーン求人・採用情報|訪問入浴介護の仕事探し

アサヒサンクリーン

spmenu
エピソード

エピソード

小林信也

新しい介護の価値は、
優しい気持ちがあればきっと生み出せる。

業界経験者だからこそわかる、あたたかみのある企業風土。

私は他の訪問入浴会社から転職してきた、いわば「業界経験者」。入社してまず感じたことは、人思いな会社だということです。お客様に気持ちよく入浴していただくことを目指し、浴槽の枕にジェル素材を採用するなど、細部までとことん追求する姿勢が根づいており、スタッフに対しては給与や福利厚生の充実を図り、高水準のサービスを提供し続けられる環境の整備を進めています。充実した社内体制だからこそ、スタッフは楽しくやりがいを持って働けているのだと思います。訪問入浴サービスはお客様の命を預かる重要な仕事。ブロック長として、楽しさのなかにも使命感・責任感が浸透しているメリハリのある組織づくりを意識しています。

日々の幸せに寄り添える存在。

社会に笑顔を広める「+α」を創造し続けたい。

お客様の笑顔が生まれる入浴のひととき。訪問入浴においては、それだけでも十分な価値と言えますが、「私たちの仕事は『入浴』以外の価値も提供している」と確信したエピソードがあります。失語症のお客様宅を訪問するたびに、私は発音の練習として自分の名前をお客様に呼びかけていました。地道に呼びかけ続けることおよそ2年、入浴するお客様に「小林」と小さな声で呼んでもらえたときは、いままでの人生で経験したことのない達成感で心が満たされました。これは私なりのアクションであり、自発的な思いやりに答えはないと思います。スタッフ一人ひとりの優しさの「種」が、お客様を、そして社会を笑顔にするという事実を、ぜひ介護の現場で実感してほしいです。

不安を取り除くことで、真の快適は生み出される。
  • 新入社員
  • キャリア
  • 多様性
pagetop