社員紹介 – 【公式】アサヒサンクリーン求人・採用情報|訪問入浴介護の仕事探し

アサヒサンクリーン

spmenu
多様性

多様性

中山恵梨香

女性管理職として思い描く、
スタッフ全員が輝き続けられる未来。

上司の言葉、自身の昇進。多様性を受け入れる社風だと実感。

「女性が活躍できる職場」と掲げている会社は多く存在していますが、少なくとも私が自信を持って言えるのは、アサヒサンクリーンは男女平等にキャリアアップのチャンスが与えられているということです。私の場合は、入社2年目で訪問入浴の事業所の管理者、3年目には所長に就任し現在に至っています。管理職としての責任を感じながらさまざまな業務に励む毎日ですが、入社面接時に当時の支店長にかけていただいた言葉が支えになっています。「結婚や出産など女性のライフイベントを念頭に置いたうえで、キャリアステップもしっかりと図れる」と伝えられ、長きにわたって活躍している自分の姿をイメージすることができました。

日々の幸せに寄り添える存在。

女性がより活躍できる、より働きやすい会社を目指して。

大学で経済学を専攻していた私が、介護分野に関心を抱いたきっかけ。それは、ヘルパーとして介護の仕事をしていた母の勧めでした。最初は「介護の仕事って楽しいの?」と半信半疑でしたが、ボランティアに参加するなかで、ご高齢の方々の笑顔を見ることに大きな喜びを感じました。おばあちゃん子の私を見て、母は介護に従事する人間としての適性を見抜いていたのかもしれません。これからも介護職の先輩として母を目標にしていきます。アサヒサンクリーンで働く女性社員としては、お子さんがいる方でも働きやすい職場環境づくりに携わっていきたいです。介護サービスだけでなく、職場環境を含めて介護の未来をより快適に変えていければと思います。

不安を取り除くことで、真の快適は生み出される。
  • 新入社員
  • キャリア
  • お客様とのエピソード
pagetop