職種紹介 – 【公式】アサヒサンクリーン求人・採用情報|訪問入浴介護の仕事探し

アサヒサンクリーン

spmenu
左から女性、男性、女性のアサヒサンクリーンの社員3人が並んで笑っている写真

訪問入浴介護職

仕事の流れ(訪問入浴介護職)

アサヒサンクリーンの社員4人が朝礼で紙を見ながら当日の訪問スケジュールを確認している写真

朝礼・申し送り

出社すると、事業所全体で朝礼 を行います。当日の訪問スケジュール を確認し円滑なサービスを行うための 準備をするだけでなく、お客様からの ご要望をはじめとした担当エリアに関する 情報を共有します。

車両に積んである機材の写真

車両・機材点検

出発準備   出発前に入浴車や機材に不備がないか 確認します。

アサヒサンクリーンの女性社員が入浴サービスに必要なもが袋に入っているかを確認している写真

タオルやシャンプーなど訪問入浴サービスに 必要な備品を準備します。 タオルやシーツ等はクリーニングされた清潔なもの を用意します。

アサヒサンクリーンの車が出発している写真

車両運転

出発前の準備が完了したら、介護職員2名、看護職員1名の 計3名で入浴車に乗車し出発します。 定刻通りの訪問を目標に安全運転で巡回します。

アサヒサンクリーンの女性社員と男性社員が浴槽を搬入している

浴槽搬入

お客様の御自宅に到着すると、居室内に浴槽を 運び込みます。 浴槽は改良を重ねた末に軽量化を実現。 職員2名で安全・安楽に搬入できます。

アサヒサンクリーンの女性社員2人と男性社員1人が要介護者をベットに移している写真

お客様の入浴介助

入浴の準備が完了したところで職員3名が協力 してお客様がお湯の溜まった浴槽に入るのを お手伝いします。 入浴中はコミュニケーションを通じて、より快適 な時間を楽しんで頂けるよう心がけています。

アサヒサンクリーンの女性社員と男性社員が浴槽を撤収している写真

撤収作業

入浴を終えたお客様がベッドに戻るのをお手伝い し、浴槽の撤収作業を行います。浴槽やシートは 丁寧に洗浄・消毒し、次のお客様も安全、安心、 そして快適に入浴サービスをご利用頂けます。

ひとりでは「快適」は生み出せない。
だからこそ、やりがいがある。

「丁寧」と「迅速」の相反する要素の両立を目指す。

アサヒサンクリーンの訪問入浴サービスは、ヘルパーとオペレーター、看護師の3人1組で行います。私が担当するヘルパーは、お客様に気持ち良く入浴していただくことを追求するポジション。機械的な入浴介助ではなく、お客様がストレスに感じないよう手際よく一連のサービスを行うことを意識しています。そのため、訪問入浴は時間との戦い。お客様のご自宅に浴槽を運び込むところから、入浴サービス、撤収作業までおよそ45分で完了させます。男性オペレーターと協力しながらサービスを実施するため、女性でも負担なく作業できる点が特長です。

アサヒサンクリーンの女性社員がファイルに挟んである書類に目を通している写真

不安を取り除くことで、真の快適は生み出される。

ご利用を検討されている方にサービスの内容を説明することも大切です。訪問入浴を検討している方のなかには、気持ちよく入浴したいと思う一方で、ヘルパーやオペレーターといった「人の手」を借りながら入浴することに不安を感じる方もいらっしゃいます。心の底から快適に入浴していただくためには、私たちチームスタッフを信頼していただくことが必要なため、納得いただけるまで丁寧にご説明し不安を解消していきます。そして、入浴サービス当日にリラックスした表情で入浴を楽しまれている姿を見ることができたときは、大きな達成感を味わえます。

アサヒサンクリーンの男性社員が電話でお客様の対応をしている写真
  • 介護施設
  • 福祉用具レンタル
pagetop