施設介護

坂野絵梨

仕事の流れ(施設介護)

起床介助

起床介助

お客様の起床時にはベッドから起き上がるための補助だけでなく、声掛けを通じて体調や気分などを確認します。ご高齢の方は日によって体調が大きく変化することもあるため、些細な変化にも気を配ります。

食事介助

食事介助

共有スペースでお客様の食事の準備を行います。各テーブルに配膳をしながら、お客様のご要望に応えていきます。食事はお客様にとっての大きな楽しみ。細やかな心配りで、お客様の楽しい時間を演出します。

同僚とのミーティング

同僚とのミーティング

お客様の暮らしをサポートするため、スタッフ間でお客様の日常生活に関わる幅広い情報を共有しています。また、レクリエーションの打合せや企画内容の相談も行います。

入浴・排せつ介助

入浴・排せつ介助

体が不自由なお客様のため、日常生活に欠かせない入浴や排せつのお手伝いを行います。お客様から気兼ねなくご依頼いただくためには、日頃からの信頼の積み重ねが大切です。

事務作業

事務作業

介助業務の合間には、お客様の体温・血圧などの体調に関する情報や食事の量などをパソコンに入力していきます。お客様に充実したサービスを提供するため、事務作業には効率性が求められます。

見回り

見回り

介護施設では、定期的にお客様の各居室を巡回します。巡回時には、寝返りができない方が寝返りすることのお手伝いや歩行の補助など、お客様の快適な暮らしを随時サポート。また、緊急用コールにも対応します。

「快適さ」と「楽しさ」に満ちた
生活づくりのお手伝い。

生活を豊かにする「心遣い」をちりばめる仕事。

介護施設での仕事は、お客様の気持ちを第一に考えた数々の思いやりで成り立っています。日常生活の基本である食事や排せつ、入浴などの補助はもちろん、お客様の部屋を訪れ何気ない会話によって気分を和ませたり、窓を開け空気の入れ替えを行うなど、快適な生活を実現するために必要なサービスを含めると、仕事内容は無数にあると言ってもいいと思います。ただ、お客様のなかには体が不自由なため日常生活を満足に送ることができない方もいらっしゃり、抱えているお悩みも幅広いため、一人ひとりの希望に沿った心配りが求められます。お客様の立場になって考えたうえで、最適なサービスを選択できる「想像力」のある方がこの仕事には向いているかもしれません。

生活を豊かにする「心遣い」を散りばめる仕事。

自らのアイデアで数多くの笑顔の花を咲かせる。

大学では福祉分野について学び、実習を通じてご高齢の方々に喜んでいただけることにやりがいを感じ、現在の仕事に就きました。大学時代の実習の経験から、ある程度は求められる業務に対応できましたが、ひとつだけ慣れるのに苦戦した業務があったことを覚えています。それは施設内で行うレクリエーションの企画です。お客様にご満足いただける内容にするため、得意ではなかったアイデア出しも積極的に行うよう意識したことで、いまでは楽しく感じられる仕事のひとつになっています。今後は企画・運営に携わって1年が経つ「認知症カフェ」の一層の盛り上がりに貢献できればと思っています。また、日々の業務に誠心誠意向き合いながら介護従事者として成長していきたいです。

自らのアイデアで数多くの笑顔の花を咲かせる。
  • 訪問入浴ヘルパー
  • 訪問入浴オペレーター
  • 福祉用具レンタル
pagetop